地球温暖化対策

カーボン・オフセット、J-クレジットについてお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

地球温暖化は深刻

私たちの地球は、今、大変な異常気象状態となっており、世界各地で強力ハリケーンや台風、集中豪雨、大干ばつ、熱波などによる災害が発生しています。

すべてが温暖化の影響とは言えないかもしれませんが、CO2など温室効果ガスの増加による異常気象を引き起こしている可能性があることが、IPCCの報告書でも述べられています。
(*IPCC:気候変動に関する政府間パネル)

このままでいくと今世紀末には、現在よりも最大4.8℃の上昇が予測されています。私たち人類は、産業革命以降化石燃料を大量に燃やことでエネルギーを得て、発展を遂げてきましたが、かわりに大気中のCO2濃度を増加させ、自然が吸収できるCO2の量を、2倍近く超えた排出を行っているとのことです。

こうした状況を放置しておくことは決してできません。

CO2など温室効果ガスの排出を抑制するために、まずは私たち自らができることをすすめましょう。

〇気温変化と海面水位変化の将来予測

(環境省HP IPCC第5次評価報告書の概要より)

気温変化と海面水位変化の将来予測

クリックで拡大します

しげんさいせいネットが取り組んでいること

カーボン・オフセットの取り組み

〇カーボン・オフセットってなに?

まずは自らのCO2排出削減努力が大事!!

日常生活や経済活動で、どうしても出てしまうCO2。まずは温室効果ガスの排出の少ない生活をめざすことが大切です。その上でどうしても減らせない排出分を、他の場所で削減したり、吸収したりする活動を支援することで、埋め合わせ(オフセット)することがカーボン・オフセットです。

〇カーボン・オフセットの仕組み

クレジットを創出する・クレジットを活用する!!

クレジット創出とは、バイオマス発電など再生可能エネルギー事業や森林整備などによるCO2排出削減・吸収事業や、省エネルギー設備導入などの事業があります。これらのCO2の削減・吸収量をクレジットとして国が認証を行っています。

クレジット活用とは、企業活動や商品の製造時に発生するCO2の自らの削減目標に満たない量相当分を、創出事業者からクレジットを購入することでオフセット(相殺)することです。この取組みは自らの削減目標を達成することと合わせて、クレジット創出事業者を応援することにつながります。

カーボン・オフセット

〇しげんさいせいネットのカーボン・オフセットの取組み

消費者一人ひとりがだれでも気軽に、くらしの中でできる取組みとして、主に東海3県で市場出荷されない果物などを原料にしたドライフルーツを開発しました。製造や輸送にかかるCO2排出分を、岐阜県の森林組合で登録されたCO2吸収分クレジットとカーボン・オフセットしています。

また、食品製造企業の皆様がカーボン・オフセットに取組む際の支援を行なっています。2016年伊勢志摩サミットではしげんさいせいネットが保有するクレジット50tをイベント型のカーボン・オフセットとして寄付を行いました。

ドライフ ルーツ感謝状